行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問2|基礎法学

法令の効力に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1. 法律の内容を一般国民に広く知らせるには、法律の公布から施行まで一定の期間を置くことが必要で
    あるため、公布日から直ちに法律を施行することはできない。
  2. 法律の効力発生日を明確にする必要があるため、公布日とは別に、必ず施行期日を定めなければなら
    ない。
  3. 日本国の法令は、その領域内でのみ効力を有し、外国の領域内や公海上においては、日本国の船舶お
    よび、航空機内であっても、その効力を有しない。
  4. 一般法に優先する特別法が制定され、その後に一般法が改正されて当該特別法が適用される範囲につ
    いて一般法の規定が改められた場合には、当該改正部分については、後法である一般法が優先して適用さ
    れ、当該特別法は効力を失う。
  5. 法律の有効期間を当該法律の中で明確に定めている場合には、原則としてその時期の到来により当該
    法律の効力は失われる。

>解答と解説はこちら


【答え】:5
【解説】

1.法律の内容を一般国民に広く知らせるには、法律の公布から施行まで一定の期
間を置くことが必要であるため、公布日から直ちに法律を施行することはできない。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.法律の効力発生日を明確にする必要があるため、公布日とは別に、必ず施行期
日を定めなければならない。
2・・・妥当ではない
 
 

 
 

3.日本国の法令は、その領域内でのみ効力を有し、外国の領域内や公海上におい
ては、日本国の船舶および、航空機内であっても、その効力を有しない。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.一般法に優先する特別法が制定され、その後に一般法が改正されて当該特別法
が適用される範囲について一般法の規定が改められた場合には、当該改正部分については、後法である一
般法が優先して適用され、当該特別法は効力を失う。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.法律の有効期間を当該法律の中で明確に定めている場合には、原則としてその
時期の到来により当該法律の効力は失われる。
5・・・妥当
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。