行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問57|一般知識

国の行政機関の個人情報保護制度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 行政機関の長は、保有個人情報の利用停止請求があった場合には、当該利用停止請求者の求めに応じ、すべての事案
    において一時的に利用の停止を決定し、その上で利用停止の必要性、相当性について行政機関内において検討し、その必
    要がないと認められるときには、利用停止を解除する必要がある。
  2. 行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に不開示情報が含まれている場合において、不開示情報に該当する部
    分を容易に区分して除くことができ、かつ、不開示情報に該当する箇所に関係する関係機関の同意が得られたときは、開
    示可能な部分について開示しなければならない。
  3. 行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に不開示情報が含まれている場合には、個人の権利利益を保護するた
    めの特別の必要性の有無を考慮しても、開示請求者に対して開示することは一切認められない。
  4. 行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に開示請求者以外のものに関する情報が含まれているときは、開示決
    定等をするにあたって、当該第三者に関する情報の内容等を当該情報に係る第三者に対して通知するとともに、聴聞の機
    会を付与しなければならない。
  5. 行政機関の長は、保有個人情報の開示について、当該保有個人情報が電磁的記録に記録されているときは、その種別
    、情報化の進展状況等を勘案して行政機関が定める方法により行う。

>解答と解説はこちら


【答え】:5
【解説】

1.行政機関の長は、保有個人情報の利用停止請求があった場合には、当該利用停止請求者の求め
に応じ、すべての事案において一時的に利用の停止を決定し、その上で利用停止の必要性、相当性について行政機関内に
おいて検討し、その必要がないと認められるときには、利用停止を解除する必要がある。
1・・・誤り
 
 

 
 

2.行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に不開示情報が含まれている場合において、不
開示情報に該当する部分を容易に区分して除くことができ、かつ、不開示情報に該当する箇所に関係する関係機関の同意
が得られたときは、開示可能な部分について開示しなければならない。
2・・・誤り
 
 

 
 

3.行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に不開示情報が含まれている場合には、個人の
権利利益を保護するための特別の必要性の有無を考慮しても、開示請求者に対して開示することは一切認められない。
3・・・誤り
 
 

 
 

4.行政機関の長は、開示請求に係る保有個人情報に開示請求者以外のものに関する情報が含まれ
ているときは、開示決定等をするにあたって、当該第三者に関する情報の内容等を当該情報に係る第三者に対して通知す
るとともに、聴聞の機会を付与しなければならない。
4・・・誤り
 
 

 
 

5.行政機関の長は、保有個人情報の開示について、当該保有個人情報が電磁的記録に記録されて
いるときは、その種別、情報化の進展状況等を勘案して行政機関が定める方法により行う。
5・・・正しい
 
 

 
 

 

SNSでもご購読できます。