行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問56|一般知識

国土交通省自動車局による自動運転ガイドラインに定められた車両の自動運転化の水準(レベル)に関する次の記述のう
ち、妥当でないものはどれか。

  1. レベル1は、縦方向か横方向か、いずれかの車両運動制御に限定された機能についてシステムが運転支援を行い、安
    全運転については運転者が主体となる。
  2. レベル2は、縦方向・横方向、両方の方向の車両運動制御について自動運転機能を有するが、安全運転については運
    転者が主体となる。
  3. レベル3は、全ての方向の車両運動制御について自動運転機能を有し、人の介入を排除し、安全運転についてもシス
    テム側が完全に主体となる。
  4. レベル4は、限られた領域で無人自動運転を実施し、システム側が安全運転主体となる。
  5. レベル5は、自動運転に関わるシステムが全ての運転タスクを実施し、システム側が安全運転主体となる。

>解答と解説はこちら


【答え】:3
【解説】

1.レベル1は、縦方向か横方向か、いずれかの車両運動制御に限定された機能についてシステム
が運転支援を行い、安全運転については運転者が主体となる。
1・・・妥当
 
 

 
 

2.レベル2は、縦方向・横方向、両方の方向の車両運動制御について自動運転機能を有するが、
安全運転については運転者が主体となる。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.レベル3は、全ての方向の車両運動制御について自動運転機能を有し、人の介入を排除し、安
全運転についてもシステム側が完全に主体となる。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.レベル4は、限られた領域で無人自動運転を実施し、システム側が安全運転主体となる。
4・・・妥当
 
 

 
 

5.レベル5は、自動運転に関わるシステムが全ての運転タスクを実施し、システム側が安全運転
主体となる。
5・・・妥当
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。