行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問54|一般知識

ジェンダーやセクシュアリティに関する次の記述のうち、妥当でないものはどれか。

  1. 「LGBT」は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを英語で表記したときの頭文字による語で
    、性的少数者を意味する。
  2. 日本の女子大学の中には、出生時の性別が男性で自身を女性と認識する学生の入学を認める大学もある。
  3. 米国では、連邦最高裁判所が「同性婚は合衆国憲法の下の権利であり、州は同性婚を認めなければならない」との判
    断を下した。
  4. 日本では、同性婚の制度が立法化されておらず、同性カップルの関係を条例に基づいて証明する「パートナーシップ
    制度」を導入している自治体もない。
  5. 台湾では、アジアで初めて同性婚の制度が立法化された。

>解答と解説はこちら


【答え】:4
【解説】

1.「LGBT」は、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを英語で表記したと
きの頭文字による語で、性的少数者を意味する。
1・・・妥当
 
 

 
 

2.日本の女子大学の中には、出生時の性別が男性で自身を女性と認識する学生の入学を認める大
学もある。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.米国では、連邦最高裁判所が「同性婚は合衆国憲法の下の権利であり、州は同性婚を認めなけ
ればならない」との判断を下した。
3・・・妥当
 
 

 
 

4.日本では、同性婚の制度が立法化されておらず、同性カップルの関係を条例に基づいて証明す
る「パートナーシップ制度」を導入している自治体もない。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.台湾では、アジアで初めて同性婚の制度が立法化された。
5・・・妥当
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。