行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問53|一般知識

先住民族に関する次の記述のうち、妥当でないものはどれか。

  1. 2019年制定のいわゆるアイヌ新法*で、アイヌが先住民族として明記された。
  2. 2020年開設の国立アイヌ民族博物館は、日本で初めてのアイヌ文化の展示や調査研究などに特化した国立博物館であ
    る。
  3. 2007年の国際連合総会で「先住民族の権利に関する宣言」が採択され、2014年には「先住民族世界会議」が開催され
    た。
  4. カナダでは、過去における先住民族に対する同化政策の一環として寄宿学校に強制入学させたことについて、首相が
    2008年に公式に謝罪した。
  5. マオリはオーストラリアの先住民族であり、アボリジニはニュージーランドの先住民族である。

>解答と解説はこちら


【答え】:5
【解説】

1.2019年制定のいわゆるアイヌ新法*で、アイヌが先住民族として明記された。
1・・・妥当
 
 

 
 

2.2020年開設の国立アイヌ民族博物館は、日本で初めてのアイヌ文化の展示や調査研究などに特
化した国立博物館である。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.2007年の国際連合総会で「先住民族の権利に関する宣言」が採択され、2014年には「先住民族
世界会議」が開催された。
3・・・妥当
 
 

 
 

4.カナダでは、過去における先住民族に対する同化政策の一環として寄宿学校に強制入学させた
ことについて、首相が2008年に公式に謝罪した。
4・・・妥当
 
 

 
 

5.マオリはオーストラリアの先住民族であり、アボリジニはニュージーランドの先住民族である
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。