行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問5|憲法,政教分離

地方公共団体がその土地を神社の敷地として無償で提供することの合憲性に関連して、最高裁判所判決で
考慮要素とされたものの例として、妥当でないものはどれか。

  1. 国または地方公共団体が国公有地を無償で宗教的施設の敷地として提供する行為は、一般に、当該宗
    教的施設を設置する宗教団体等に対する便宜の供与として、憲法89条*との抵触が問題となる行為であると
    いわなければならない。
  2. 一般的には宗教的施設としての性格を有する施設であっても、同時に歴史的、文化財的な保護の対象
    となったり、観光資源、国際親善、地域の親睦の場としての意義を有するなど、文化的・社会的な価値に
    着目して国公有地に設置されている場合もあり得る。
  3. 日本では、多くの国民に宗教意識の雑居性が認められ、国民の宗教的関心が必ずしも高いとはいえな
    い一方、神社神道には、祭祀儀礼に専念し、他の宗教にみられる積極的な布教・伝道などの対外活動をほ
    とんど行わないという特色がみられる。
  4. 明治初期以来、一定の社寺領を国等に上知(上地)させ、官有地に編入し、または寄附により受け入
    れるなどの施策が広く採られたこともあって、国公有地が無償で社寺等の敷地として供される事例が多数
    生じており、これが解消されないまま残存している例もある。
  5. 当該神社を管理する氏子集団が、宗教的行事等を行うことを主たる目的とする宗教団体であり、寄附
    等を集めて当該神社の祭事を行っている場合、憲法89条*の「宗教上の組織若しくは団体」に該当するもの
    と解される。

>解答と解説はこちら


【答え】:3
【解説】

1.国または地方公共団体が国公有地を無償で宗教的施設の敷地として提供する行
為は、一般に、当該宗教的施設を設置する宗教団体等に対する便宜の供与として、憲法89条*との抵触が問
題となる行為であるといわなければならない。
1・・・妥当
 
 

 
 

2.一般的には宗教的施設としての性格を有する施設であっても、同時に歴史的、
文化財的な保護の対象となったり、観光資源、国際親善、地域の親睦の場としての意義を有するなど、文
化的・社会的な価値に着目して国公有地に設置されている場合もあり得る。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.日本では、多くの国民に宗教意識の雑居性が認められ、国民の宗教的関心が必
ずしも高いとはいえない一方、神社神道には、祭祀儀礼に専念し、他の宗教にみられる積極的な布教・伝
道などの対外活動をほとんど行わないという特色がみられる。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.明治初期以来、一定の社寺領を国等に上知(上地)させ、官有地に編入し、ま
たは寄附により受け入れるなどの施策が広く採られたこともあって、国公有地が無償で社寺等の敷地とし
て供される事例が多数生じており、これが解消されないまま残存している例もある。
4・・・妥当
 
 

 
 

5.当該神社を管理する氏子集団が、宗教的行事等を行うことを主たる目的とする
宗教団体であり、寄附等を集めて当該神社の祭事を行っている場合、憲法89条*の「宗教上の組織若しくは
団体」に該当するものと解される。
5・・・妥当
 
 

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。