行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問48|一般知識

日本における新型コロナウイルス感染症対策と政治に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1. 2020年3月には、緊急に対処する必要があるとして、新型コロナウイルス感染症対策に特化した新規の法律が制定さ
    れた。
  2. 2020年4月には、雇用の維持と事業の継続、生活に困っている世帯や個人への支援などを盛り込んだ、緊急経済対策
    が決定された。
  3. 2020年4月には、法令に基づき、緊急事態宣言が発出され、自宅から外出するためには、都道府県知事による外出許
    可が必要とされた。
  4. 2020年12月末には、首相・大臣・首長およびその同居親族へのワクチンの優先接種が終了し、翌年1月末には医療従
    事者・高齢者に対するワクチン接種が完了した。
  5. 2021年2月には、新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正され、まん延防止等重点措置が導入されたが、同措置
    に関する命令や過料の制度化は見送られた。

>解答と解説はこちら


【答え】:2
【解説】

1.2020年3月には、緊急に対処する必要があるとして、新型コロナウイルス感染症対策に特化し
た新規の法律が制定された。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.2020年4月には、雇用の維持と事業の継続、生活に困っている世帯や個人への支援などを盛り
込んだ、緊急経済対策が決定された。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.2020年4月には、法令に基づき、緊急事態宣言が発出され、自宅から外出するためには、都道
府県知事による外出許可が必要とされた。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.2020年12月末には、首相・大臣・首長およびその同居親族へのワクチンの優先接種が終了し、
翌年1月末には医療従事者・高齢者に対するワクチン接種が完了した。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.2021年2月には、新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正され、まん延防止等重点措置が
導入されたが、同措置に関する命令や過料の制度化は見送られた。
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。