行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問4|憲法,プライバシー権

捜査とプライバシーに関する次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らし、妥当なものはどれか。

  1. 個人の容ぼうや姿態は公道上などで誰もが容易に確認できるものであるから、個人の私生活上の自由
    の一つとして、警察官によって本人の承諾なしにみだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を認める
    ことはできない。
  2. 憲法は、住居、書類および所持品について侵入、捜索および押収を受けることのない権利を定めるが
    、その保障対象には、住居、書類および所持品に限らずこれらに準ずる私的領域に侵入されることのない
    権利が含まれる。
  3. 電話傍受は、通信の秘密や個人のプライバシーを侵害するが、必要性や緊急性が認められれば、電話
    傍受以外の方法によって当該犯罪に関する重要かつ必要な証拠を得ることが可能な場合であっても、これ
    を行うことが憲法上広く許容される。
  4. 速度違反車両の自動撮影を行う装置により運転者本人の容ぼうを写真撮影することは憲法上許容され
    るが、運転者の近くにいるため除外できないことを理由としてであっても、同乗者の容ぼうまで撮影する
    ことは許されない。
  5. GPS端末を秘かに車両に装着する捜査手法は、車両使用者の行動を継続的・網羅的に把握するものであ
    るが、公道上の所在を肉眼で把握したりカメラで撮影したりする手法と本質的に異ならず、憲法が保障す
    る私的領域を侵害するものではない。

>解答と解説はこちら


【答え】:2
【解説】

1.個人の容ぼうや姿態は公道上などで誰もが容易に確認できるものであるから、
個人の私生活上の自由の一つとして、警察官によって本人の承諾なしにみだりにその容ぼう・姿態を撮影
されない自由を認めることはできない。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.憲法は、住居、書類および所持品について侵入、捜索および押収を受けること
のない権利を定めるが、その保障対象には、住居、書類および所持品に限らずこれらに準ずる私的領域に
侵入されることのない権利が含まれる。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.電話傍受は、通信の秘密や個人のプライバシーを侵害するが、必要性や緊急性
が認められれば、電話傍受以外の方法によって当該犯罪に関する重要かつ必要な証拠を得ることが可能な
場合であっても、これを行うことが憲法上広く許容される。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.速度違反車両の自動撮影を行う装置により運転者本人の容ぼうを写真撮影する
ことは憲法上許容されるが、運転者の近くにいるため除外できないことを理由としてであっても、同乗者
の容ぼうまで撮影することは許されない。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.GPS端末を秘かに車両に装着する捜査手法は、車両使用者の行動を継続的・網羅
的に把握するものであるが、公道上の所在を肉眼で把握したりカメラで撮影したりする手法と本質的に異
ならず、憲法が保障する私的領域を侵害するものではない。

 
 

 
 

Traceback (most recent call last):
File “C:\Users\info\ドキュメント\python_practice\kakomon_toi_hp_gyosyo.py”, line 142, in
rint(‘ ’)
NameError: name ‘rint’ is not defined
PS C:\Users\info\ドキュメント\python_practice> python kakomon_toi_hp_gyosyo.py
 
 
令和3年・2021|問4|憲法,プライバシー権
 
 
2021年過去問,憲法,プライバシー権の過去問
 
 

捜査とプライバシーに関する次の記述のうち、最高裁判所の判例に照らし、妥当なものはどれか。

  1. 個人の容ぼうや姿態は公道上などで誰もが容易に確認できるものであるから、個人の私生活上の自由
    の一つとして、警察官によって本人の承諾なしにみだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を認める
    ことはできない。
  2. 憲法は、住居、書類および所持品について侵入、捜索および押収を受けることのない権利を定めるが
    、その保障対象には、住居、書類および所持品に限らずこれらに準ずる私的領域に侵入されることのない
    権利が含まれる。
  3. 電話傍受は、通信の秘密や個人のプライバシーを侵害するが、必要性や緊急性が認められれば、電話
    傍受以外の方法によって当該犯罪に関する重要かつ必要な証拠を得ることが可能な場合であっても、これ
    を行うことが憲法上広く許容される。
  4. 速度違反車両の自動撮影を行う装置により運転者本人の容ぼうを写真撮影することは憲法上許容され
    るが、運転者の近くにいるため除外できないことを理由としてであっても、同乗者の容ぼうまで撮影する
    ことは許されない。
  5. GPS端末を秘かに車両に装着する捜査手法は、車両使用者の行動を継続的・網羅的に把握するものであ
    るが、公道上の所在を肉眼で把握したりカメラで撮影したりする手法と本質的に異ならず、憲法が保障す
    る私的領域を侵害するものではない。

>解答と解説はこちら


【答え】:2
【解説】

1.個人の容ぼうや姿態は公道上などで誰もが容易に確認できるものであるから、
個人の私生活上の自由の一つとして、警察官によって本人の承諾なしにみだりにその容ぼう・姿態を撮影
されない自由を認めることはできない。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.憲法は、住居、書類および所持品について侵入、捜索および押収を受けること
のない権利を定めるが、その保障対象には、住居、書類および所持品に限らずこれらに準ずる私的領域に
侵入されることのない権利が含まれる。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.電話傍受は、通信の秘密や個人のプライバシーを侵害するが、必要性や緊急性
が認められれば、電話傍受以外の方法によって当該犯罪に関する重要かつ必要な証拠を得ることが可能な
場合であっても、これを行うことが憲法上広く許容される。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.速度違反車両の自動撮影を行う装置により運転者本人の容ぼうを写真撮影する
ことは憲法上許容されるが、運転者の近くにいるため除外できないことを理由としてであっても、同乗者
の容ぼうまで撮影することは許されない。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.GPS端末を秘かに車両に装着する捜査手法は、車両使用者の行動を継続的・網羅
的に把握するものであるが、公道上の所在を肉眼で把握したりカメラで撮影したりする手法と本質的に異
ならず、憲法が保障する私的領域を侵害するものではない。
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。