行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問32|民法

債権者代位権に関する次の記述のうち、民法の規定に照らし、正しいものはどれか。

  1. 債権者は、債務者に属する権利(以下「被代位権利」という。)のうち、債務者の取消権については、債務者に代位
    して行使することはできない。
  2. 債権者は、債務者の相手方に対する債権の期限が到来していれば、自己の債務者に対する債権の期限が到来していな
    くても、被代位権利を行使することができる。
  3. 債権者は、被代位権利を行使する場合において、被代位権利が動産の引渡しを目的とするものであっても、債務者の
    相手方に対し、その引渡しを自己に対してすることを求めることはできない。
  4. 債権者が、被代位権利の行使に係る訴えを提起し、遅滞なく債務者に対し訴訟告知をした場合には、債務者は、被代
    位権利について、自ら取立てその他の処分をすることはできない。
  5. 債権者が、被代位権利を行使した場合であっても、債務者の相手方は、被代位権利について、債務者に対して履行を
    することを妨げられない。

>解答と解説はこちら


【答え】:5
【解説】

1.債権者は、債務者に属する権利(以下「被代位権利」という。)のうち、債務者の取消権につ
いては、債務者に代位して行使することはできない。
1・・・誤り
 
 

 
 

2.債権者は、債務者の相手方に対する債権の期限が到来していれば、自己の債務者に対する債権
の期限が到来していなくても、被代位権利を行使することができる。
2・・・誤り
 
 

 
 

3.債権者は、被代位権利を行使する場合において、被代位権利が動産の引渡しを目的とするもの
であっても、債務者の相手方に対し、その引渡しを自己に対してすることを求めることはできない。
3・・・誤り
 
 

 
 

4.債権者が、被代位権利の行使に係る訴えを提起し、遅滞なく債務者に対し訴訟告知をした場合
には、債務者は、被代位権利について、自ら取立てその他の処分をすることはできない。
4・・・誤り
 
 

 
 

5.債権者が、被代位権利を行使した場合であっても、債務者の相手方は、被代位権利について、
債務者に対して履行をすることを妨げられない。
5・・・正しい
 
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。