行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問28|民法

Aが従来の住所または居所を去って行方不明となった場合に関する次の記述のうち、民法の規定に照らし、誤っているも
のはどれか。

  1. Aは自己の財産につき管理人を置いていたが、権限について定めていなかった場合であっても、管理人は、保存行為
    および、その財産の性質を変えない範囲内において利用または改良を行うことができる。
  2. Aが自己の財産につき管理人を置かなかったときは、利害関係人または検察官の請求により、家庭裁判所は、その財
    産の管理について必要な処分を命ずることができる。
  3. Aが自己の財産につき管理人を置いた場合において、Aの生死が明らかでないときは、利害関係人または検察官の請求
    により、家庭裁判所は、管理人を改任することができる。
  4. Aの生死が7年間明らかでないときは、利害関係人の請求により、家庭裁判所はAについて失踪の宣告をすることがで
    き、これにより、Aは、失踪の宣告を受けた時に死亡したものとみなされる。
  5. Aについて失踪の宣告が行われた場合、Aは死亡したものとみなされるが、Aが生存しているときの権利能力自体は、
    これによって消滅するものではない。

>解答と解説はこちら


【答え】:4
【解説】

1.Aは自己の財産につき管理人を置いていたが、権限について定めていなかった場合であっても
、管理人は、保存行為および、その財産の性質を変えない範囲内において利用または改良を行うことができる。
1・・・正しい
 
 

 
 

2.Aが自己の財産につき管理人を置かなかったときは、利害関係人または検察官の請求により、
家庭裁判所は、その財産の管理について必要な処分を命ずることができる。
2・・・正しい
 
 

 
 

3.Aが自己の財産につき管理人を置いた場合において、Aの生死が明らかでないときは、利害関係
人または検察官の請求により、家庭裁判所は、管理人を改任することができる。
3・・・正しい
 
 

 
 

4.Aの生死が7年間明らかでないときは、利害関係人の請求により、家庭裁判所はAについて失踪
の宣告をすることができ、これにより、Aは、失踪の宣告を受けた時に死亡したものとみなされる。
4・・・誤り
 
 

 
 

5.Aについて失踪の宣告が行われた場合、Aは死亡したものとみなされるが、Aが生存していると
きの権利能力自体は、これによって消滅するものではない。
5・・・正しい
 
 

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。