行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問25|行政法

墓地埋葬法*13条は、「墓地、納骨堂又は火葬場の管理者は、埋葬、埋蔵、収蔵又は火葬の求めを受けたときは、正当の
理由がなければこれを拒んではならない。」と定めているところ、同条の「正当の理由」について、厚生省(当時)の担
当者が、従来の通達を変更し、依頼者が他の宗教団体の信者であることのみを理由として埋葬を拒否することは「正当の
理由」によるものとは認められないという通達(以下「本件通達」という。)を発した。本件通達は、当時の制度の下で
、主務大臣がその権限に基づき所掌事務について、知事をも含めた関係行政機関に対し、その職務権限の行使を指揮した
ものであるが、この通達の取消しを求める訴えに関する最高裁判所判決(最三小判昭和43年12月24日民集22巻13号3147頁
)の内容として、妥当なものはどれか。

  1. 通達は、原則として、法規の性質をもつものであり、上級行政機関が関係下級行政機関および職員に対してその職務
    権限の行使を指揮し、職務に関して命令するために発するものであって、本件通達もこれに該当する。
  2. 通達は、関係下級機関および職員に対する行政組織内部における命令であるが、その内容が、法令の解釈や取扱いに
    関するものであって、国民の権利義務に重大なかかわりをもつようなものである場合には、法規の性質を有することとな
    り、本件通達の場合もこれに該当する。
  3. 行政機関が通達の趣旨に反する処分をした場合においても、そのことを理由として、その処分の効力が左右されるも
    のではなく、その点では本件通達の場合も同様である。
  4. 本件通達は従来とられていた法律の解釈や取扱いを変更するものであり、下級行政機関は当該通達に反する行為をす
    ることはできないから、本件通達は、これを直接の根拠として墓地の経営者に対し新たに埋葬の受忍義務を課すものであ
    る。
  5. 取消訴訟の対象となりうるものは、国民の権利義務、法律上の地位に直接具体的に法律上の影響を及ぼすような行政
    処分等でなければならないのであるから、本件通達の取消しを求める訴えは許されないものとして棄却されるべきもので
    ある。

>解答と解説はこちら


【答え】:3
【解説】

1.通達は、原則として、法規の性質をもつものであり、上級行政機関が関係下級行政機関および
職員に対してその職務権限の行使を指揮し、職務に関して命令するために発するものであって、本件通達もこれに該当す
る。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.通達は、関係下級機関および職員に対する行政組織内部における命令であるが、その内容が、
法令の解釈や取扱いに関するものであって、国民の権利義務に重大なかかわりをもつようなものである場合には、法規の
性質を有することとなり、本件通達の場合もこれに該当する。
2・・・妥当ではない
 
 

 
 

3.行政機関が通達の趣旨に反する処分をした場合においても、そのことを理由として、その処分
の効力が左右されるものではなく、その点では本件通達の場合も同様である。
3・・・妥当
 
 

 
 

4.本件通達は従来とられていた法律の解釈や取扱いを変更するものであり、下級行政機関は当該
通達に反する行為をすることはできないから、本件通達は、これを直接の根拠として墓地の経営者に対し新たに埋葬の受
忍義務を課すものである。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.取消訴訟の対象となりうるものは、国民の権利義務、法律上の地位に直接具体的に法律上の影
響を及ぼすような行政処分等でなければならないのであるから、本件通達の取消しを求める訴えは許されないものとして
棄却されるべきものである。
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。