行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問20|国家賠償法

次の文章は、消防署の職員が出火の残り火の点検を怠ったことに起因して再出火した場合において、それにより損害を被ったと主張する者から提起された国家賠償請求訴訟にかかる最高裁判所の判決の一節である。空欄[ ア ]~[ オ ]に当てはまる語句の組合せとして、妥当なものはどれか。

失火責任法は、失火者の責任条件について民法709条[ ア ]を規定したものであるから、国家賠償法4条の「民法」に[ イ ]と解するのが相当である。また、失火責任法の趣旨にかんがみても、公権力の行使にあたる公務員の失火による国又は公共団体の損害賠償責任についてのみ同法の適用を[ ウ ]合理的理由も存しない。したがって、公権力の行使にあたる公務員の失火による国又は公共団体の損害賠償責任については、国家賠償法4条により失火責任法が[ エ ]され、当該公務員に重大な過失のあることを[ オ ]ものといわなければならない。

(最二小判昭和53年7月17日民集32巻5号1000頁)

  1. ア:の特則 イ:含まれる ウ:排除すべき エ:適用 オ:必要とする
  2. ア:が適用されないこと イ:含まれない ウ:認めるべき エ:排除 オ:必要としない
  3. ア:が適用されないこと イ:含まれない ウ:排除すべき エ:適用 オ:必要としない
  4. ア:が適用されないこと イ:含まれる ウ:認めるべき エ:排除 オ:必要とする
  5. ア:の特則 イ:含まれない ウ:排除すべき エ:適用 オ:必要としない

>解答と解説はこちら


【答え】:1

【解説】

ア.

ア・・・の特則

イ.

イ・・・含まれる

ウ.

ウ・・・排除すべき

エ.

エ・・・適用

オ.

オ・・・必要とする


SNSでもご購読できます。