行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問18|行政事件訴訟法

行政事件訴訟法が定める処分取消訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 処分をした行政庁が国または公共団体に所属する場合における処分取消訴訟は、当該処分をした行政庁を被告として
    提起しなければならない。
  2. 処分取消訴訟は、原告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所または処分をした行政庁の所在地を管轄する裁判所の
    管轄に属する。
  3. 処分をした行政庁が国または公共団体に所属しない場合における処分取消訴訟は、法務大臣を被告として提起しなけ
    ればならない。
  4. 裁判所は、訴訟の結果により権利を害される第三者があるときは、決定をもって、当該第三者を訴訟に参加させるこ
    とができるが、この決定は、当該第三者の申立てがない場合であっても、職権で行うことができる。
  5. 処分取消訴訟は、当該処分につき法令の規定により審査請求をすることができる場合においては、特段の定めがない
    限り、当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければこれを提起することができない。

>解答と解説はこちら


【答え】:4
【解説】

1.処分をした行政庁が国または公共団体に所属する場合における処分取消訴訟は、当該処分をし
た行政庁を被告として提起しなければならない。
1・・・誤り
 
 

 
 

2.処分取消訴訟は、原告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所または処分をした行政庁の所在
地を管轄する裁判所の管轄に属する。
2・・・誤り
 
 

 
 

3.処分をした行政庁が国または公共団体に所属しない場合における処分取消訴訟は、法務大臣を
被告として提起しなければならない。
3・・・誤り
 
 

 
 

4.裁判所は、訴訟の結果により権利を害される第三者があるときは、決定をもって、当該第三者
を訴訟に参加させることができるが、この決定は、当該第三者の申立てがない場合であっても、職権で行うことができる
4・・・正しい
 
 

 
 

5.処分取消訴訟は、当該処分につき法令の規定により審査請求をすることができる場合において
は、特段の定めがない限り、当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければこれを提起することができな
い。
5・・・誤り
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。