行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問14|行政不服審査法

行政不服審査法が定める執行停止に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 審査請求人の申立てがあった場合において、処分、処分の執行または手続の続行により生ずる重大な
    損害を避けるために緊急の必要があると認めるときは、本案について理由がないとみえるときでも、審査
    庁は、執行停止をしなければならない。
  2. 審査庁は、いったんその必要性を認めて執行停止をした以上、その後の事情の変更を理由として、当
    該執行停止を取り消すことはできない。
  3. 審理員は執行停止をすべき旨の意見書を審査庁に提出することができ、提出を受けた当該審査庁は、
    速やかに、執行停止をするかどうかを決定しなければならない。
  4. 再調査の請求は、処分庁自身が簡易な手続で事実関係の調査をする手続であるから、再調査の請求に
    おいて、請求人は執行停止を申し立てることはできない。
  5. 審査庁が処分庁または処分庁の上級行政庁のいずれでもない場合には、審査庁は、審査請求人の申立
    てにより執行停止を行うことはできない。

>解答と解説はこちら


【答え】:3
【解説】

1.審査請求人の申立てがあった場合において、処分、処分の執行または手続の続
行により生ずる重大な損害を避けるために緊急の必要があると認めるときは、本案について理由がないと
みえるときでも、審査庁は、執行停止をしなければならない。
1・・・誤り
 
 

 
 

2.審査庁は、いったんその必要性を認めて執行停止をした以上、その後の事情の
変更を理由として、当該執行停止を取り消すことはできない。
2・・・誤り
 
 

 
 

3.審理員は執行停止をすべき旨の意見書を審査庁に提出することができ、提出を
受けた当該審査庁は、速やかに、執行停止をするかどうかを決定しなければならない。
3・・・正しい
 
 

 
 

4.再調査の請求は、処分庁自身が簡易な手続で事実関係の調査をする手続である
から、再調査の請求において、請求人は執行停止を申し立てることはできない。
4・・・誤り
 
 

 
 

5.審査庁が処分庁または処分庁の上級行政庁のいずれでもない場合には、審査庁
は、審査請求人の申立てにより執行停止を行うことはできない。
5・・・誤り
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。