行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問12|行政手続法

理由の提示に関する次の記述のうち、行政手続法の規定または最高裁判所の判例に照らし、妥当なものは
どれか。

  1. 行政庁は、申請により求められた許認可等の処分をする場合、当該申請をした者以外の当該処分につ
    き利害関係を有するものと認められる者から請求があったときは、当該処分の理由を示さなければならな
    い。
  2. 行政庁は、申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合でも、当該申請が法令に定めら
    れた形式上の要件に適合しないことを理由とするときは、申請者に対して当該処分の理由を示す必要はな
    い。
  3. 行政庁は、理由を示さないで不利益処分をすべき差し迫った必要がある場合であれば、処分と同時に
    その理由を示す必要はなく、それが困難である場合を除き、当該処分後の相当の期間内にこれを示せば足
    りる。
  4. 公文書の非開示決定に付記すべき理由については、当該公文書の内容を秘匿する必要があるため、非
    開示の根拠規定を示すだけで足りる。
  5. 旅券法に基づく一般旅券の発給拒否通知書に付記すべき理由については、いかなる事実関係に基づき
    いかなる法規を適用して拒否されたかに関し、その申請者が事前に了知しうる事情の下であれば、単に発
    給拒否の根拠規定を示すだけで足りる。

>解答と解説はこちら


【答え】:3
【解説】

1.行政庁は、申請により求められた許認可等の処分をする場合、当該申請をした
者以外の当該処分につき利害関係を有するものと認められる者から請求があったときは、当該処分の理由
を示さなければならない。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.行政庁は、申請により求められた許認可等を拒否する処分をする場合でも、当
該申請が法令に定められた形式上の要件に適合しないことを理由とするときは、申請者に対して当該処分
の理由を示す必要はない。
2・・・妥当ではない
 
 

 
 

3.行政庁は、理由を示さないで不利益処分をすべき差し迫った必要がある場合で
あれば、処分と同時にその理由を示す必要はなく、それが困難である場合を除き、当該処分後の相当の期
間内にこれを示せば足りる。
3・・・妥当
 
 

 
 

4.公文書の非開示決定に付記すべき理由については、当該公文書の内容を秘匿す
る必要があるため、非開示の根拠規定を示すだけで足りる。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.旅券法に基づく一般旅券の発給拒否通知書に付記すべき理由については、いか
なる事実関係に基づきいかなる法規を適用して拒否されたかに関し、その申請者が事前に了知しうる事情
の下であれば、単に発給拒否の根拠規定を示すだけで足りる。
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

 

SNSでもご購読できます。