行政書士の通信講座はこちら:令和4年

令和3年・2021|問10|行政法・行政立法

行政立法についての最高裁判所の判決に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1. 国家公務員の退職共済年金受給に伴う退職一時金の利子相当額の返還について定める国家公務員共済
    組合法の規定において、その利子の利率を政令で定めるよう委任をしていることは、直接に国民の権利義
    務に変更を生じさせる利子の利率の決定という、本来法律で定めるべき事項を政令に委任するものであり
    、当該委任は憲法41条に反し許されない。
  2. 監獄法(当時)の委任を受けて定められた同法施行規則(省令)において、原則として被勾留者と幼
    年者との接見を許さないと定めていることは、事物を弁別する能力のない幼年者の心情を害することがな
    いようにという配慮の下に設けられたものであるとしても、法律によらないで被勾留者の接見の自由を著
    しく制限するものであって、法の委任の範囲を超えるものといえ、当該施行規則の規定は無効である。
  3. 薬事法(当時)の委任を受けて、同法施行規則(省令)において一部の医薬品について郵便等販売を
    してはならないと定めることについて、当該施行規則の規定が法律の委任の範囲を逸脱したものではない
    というためには、もっぱら法律中の根拠規定それ自体から、郵便等販売を規制する内容の省令の制定を委
    任する授権の趣旨が明確に読み取れることを要するものというべきであり、その判断において立法過程に
    おける議論を考慮したり、根拠規定以外の諸規定を参照して判断をすることは許されない。
  4. 児童扶養手当法の委任を受けて定められた同法施行令(政令)の規定において、支給対象となる婚姻
    外懐胎児童について「(父から認知された児童を除く。)」という括弧書きが設けられていることについ
    ては、憲法に違反するものでもなく、父の不存在を指標として児童扶養手当の支給対象となる児童の範囲
    を画することはそれなりに合理的なものともいえるから、それを設けたことは、政令制定者の裁量の範囲
    内に属するものであり、違憲、違法ではない。
  5. 銃砲刀剣類所持等取締法が、銃砲刀剣類の所持を原則として禁止した上で、美術品として価値のある
    刀剣類の所持を認めるための登録の方法や鑑定基準等を定めることを銃砲刀剣類登録規則(省令)に委任
    している場合に、当該登録規則において登録の対象を日本刀に限定したことについては、法律によらない
    で美術品の所有の自由を著しく制限するものであって、法の委任の範囲を超えるものといえ、当該登録規
    則の規定は無効である。

>解答と解説はこちら


【答え】:2
【解説】

1.国家公務員の退職共済年金受給に伴う退職一時金の利子相当額の返還について
定める国家公務員共済組合法の規定において、その利子の利率を政令で定めるよう委任をしていることは
、直接に国民の権利義務に変更を生じさせる利子の利率の決定という、本来法律で定めるべき事項を政令
に委任するものであり、当該委任は憲法41条に反し許されない。
1・・・妥当ではない
 
 

 
 

2.監獄法(当時)の委任を受けて定められた同法施行規則(省令)において、原
則として被勾留者と幼年者との接見を許さないと定めていることは、事物を弁別する能力のない幼年者の
心情を害することがないようにという配慮の下に設けられたものであるとしても、法律によらないで被勾
留者の接見の自由を著しく制限するものであって、法の委任の範囲を超えるものといえ、当該施行規則の
規定は無効である。
2・・・妥当
 
 

 
 

3.薬事法(当時)の委任を受けて、同法施行規則(省令)において一部の医薬品
について郵便等販売をしてはならないと定めることについて、当該施行規則の規定が法律の委任の範囲を
逸脱したものではないというためには、もっぱら法律中の根拠規定それ自体から、郵便等販売を規制する
内容の省令の制定を委任する授権の趣旨が明確に読み取れることを要するものというべきであり、その判
断において立法過程における議論を考慮したり、根拠規定以外の諸規定を参照して判断をすることは許さ
れない。
3・・・妥当ではない
 
 

 
 

4.児童扶養手当法の委任を受けて定められた同法施行令(政令)の規定において
、支給対象となる婚姻外懐胎児童について「(父から認知された児童を除く。)」という括弧書きが設け
られていることについては、憲法に違反するものでもなく、父の不存在を指標として児童扶養手当の支給
対象となる児童の範囲を画することはそれなりに合理的なものともいえるから、それを設けたことは、政
令制定者の裁量の範囲内に属するものであり、違憲、違法ではない。
4・・・妥当ではない
 
 

 
 

5.銃砲刀剣類所持等取締法が、銃砲刀剣類の所持を原則として禁止した上で、美
術品として価値のある刀剣類の所持を認めるための登録の方法や鑑定基準等を定めることを銃砲刀剣類登
録規則(省令)に委任している場合に、当該登録規則において登録の対象を日本刀に限定したことについ
ては、法律によらないで美術品の所有の自由を著しく制限するものであって、法の委任の範囲を超えるも
のといえ、当該登録規則の規定は無効である。
5・・・妥当ではない
 
 

 
 

SNSでもご購読できます。