平成25年・2013|問12|行政手続法

行政手続法が規定する申請に対する処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 行政庁は、申請がその事務所に到達したときは、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない。
  2. 行政庁は、申請者以外の者の利害を考慮すべきことが要件とされている処分を行う場合には、それらの者の意見を聴く機会を設けるよう努めなければならない。
  3. 行政庁は、申請者の求めに応じ、当該申請に係る審査の進行状況および当該申請に対する処分の時期の見通しを示すよう努めなければならない。
  4. 行政庁は、申請をしようとする者の求めに応じ、申請書の記載および添付書類に関する事項その他の申請に必要な情報の提供に努めなければならない。
  5. 行政庁は、申請者の求めに応じ、申請の処理が標準処理期間を徒過した理由を通知しなければならない。

>解答と解説はこちら


【答え】:5

【解説】

1.行政庁は、申請がその事務所に到達したときは、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない。
1・・・正しい
行政庁は、申請がその事務所に到達したとき遅滞なく当該申請の審査を開始しなければなりません。
そして、申請書の記載事項に不備がないこと、申請書に必要な書類が添付されていること、申請をすることができる期間内にされたものであることその他の法令に定められた申請の形式上の要件に適合しない申請については、行政庁は、速やかに、申請者に対し相当の期間を定めて当該申請の補正を求め、又は当該申請により求められた許認可等を拒否しなければなりません(行政手続法7条)。つまり、「行政庁は、申請がその事務所に到達したときは、遅滞なく当該申請の審査を開始しなければならない」ので、本肢は正しいです。

2.行政庁は、申請者以外の者の利害を考慮すべきことが要件とされている処分を行う場合には、それらの者の意見を聴く機会を設けるよう努めなければならない。
2・・正しい
行政庁は、申請に対する処分であって、申請者以外の者の利害を考慮すべきことが 当該法令において許認可等の要件とされているものを行う場合には、 必要に応じ公聴会の開催その他の適当な方法により 当該申請者以外の者の意見を聴く機会を設けるよう努めなければなりません行政手続法10条)。
よって、正しいです。
本肢「公聴会の開催等」については「努めなければならない:努力義務」である点に注意しましょう!

3.行政庁は、申請者の求めに応じ、当該申請に係る審査の進行状況および当該申請に対する処分の時期の見通しを示すよう努めなければならない。
3・・・正しい
行政庁は、申請者の求めに応じ、当該申請に係る審査の進行状況及び当該申請に対する処分の時期の見通しを示すよう努めなければなりません行政手続法9条1項)。
よって、正しいです。
本肢「審査状況の提供」については「努めなければならない:努力義務」である点に注意しましょう!

4.行政庁は、申請をしようとする者の求めに応じ、申請書の記載および添付書類に関する事項その他の申請に必要な情報の提供に努めなければならない。
4・・・正しい
行政庁は、申請をしようとする者又は申請者の求めに応じ、申請書の記載及び添付書類に関する事項その他の申請に必要な情報の提供努めなければなりません行政手続法9条2項)。
よって、正しいです。
本肢「記載事項等の情報提供」については「努めなければならない:努力義務」である点に注意しましょう!

5.行政庁は、申請者の求めに応じ、申請の処理が標準処理期間を徒過した理由を通知しなければならない。
5・・・誤り
行政庁は、申請がその事務所に到達してから当該申請に対する処分をするまでに通常要すべき標準的な期間を定めるよう努めるとともに、これを定めたときは、これらの当該申請の提出先とされている機関の事務所における備え付けその他の適当な方法により公にしておかなければなりません(行政手続法6条)。
そして、申請の処理が標準処理期間を超える場合については、規定がないので、通知も不要です。
よって、本肢は誤りです。
ちなみに、「標準処理期間の設定」は「努力義務」で、「設定した場合、公にすることは義務」なので注意しましょう!

[SPI name=■過去問一覧上の広告枠]
[SPI name=平成25年度2013年度|行政書士試験の問題と解説]

SNSでもご購読できます。