行政書士の通信講座、行書塾の模試はこちら

委任

委任とは?

委任は、委任者が法律行為をすることを相手方に委託し、受任者がこれを承諾することによって、成立します(民法643条)。つまり、諾成契約です。

請負との違いについては個別指導で解説します。

受任者の義務

受任者は、委任者に対して下記義務を負います。

受任者の善管注意義務

受任者は、委任契約の内容に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負います(民法644条)。

そして、受任者が復受任者を選任するためには、①委任者の許諾、又は②やむを得ない事由が必要です(民法644条の2)。

受任者の報告義務

  1. 委任者の請求があるときは、受任者は、いつでも委任事務の処理の状況を報告しなければなりません(民法645条)。
  2. 委任が終了した後は、受任者は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない(民法645条)。

つまり、「委任者から請求があった場合」と「委任が終了した場合」に、受任者は、委任者に対して事務に関する報告が必要です。

受任者の受取物の引渡義務

受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の委任者に引き渡さなければなりません。また、受任者は、委任者のために自己の名で取得した権利委任者に移転しなければなりません(民法646条)。

具体例は個別指導で解説します。

受任者の金銭消費についての責任

受任者は、委任者に引き渡すべき金額又はその利益のために用いるべき金額を自己のために消費したときは、その消費した日以後の利息を支払わなければなりません。また、損害があるときは、損害賠償責任も負います(民法647条)。

委任者の責任

委任者は受任者に対して下記義務を負います。

委任者の報酬支払義務

委任契約で、報酬支払の特約がある場合、委任者は受任者に対して報酬を支払う義務が発生します(民法648条1項)。

もし、報酬支払の特約がなければ、委任者は報酬の支払い義務は生じません。

■受任者はいつ報酬を請求できるか?

原則、委任事務を履行した後でなければ、報酬を請求することができません。つまり、原則、後払いです(民法648条2項)。

ただし、報酬時期を特約したのであれば、それに従います。

■また、下記場合、委任者は、受任者に対して、既にした履行の割合に応じて報酬を支払わなければいけません(民法648条3項)。

  1. 委任者の責めに帰することができない事由によって委任事務の履行をすることができなくなったとき
  2. 委任が履行の中途で終了したとき。

成果等に対する報酬

いわゆる「成果報酬」の特約をした場合、①その成果が引渡しを要するときは、報酬は、その成果の引渡しと同時に、支払わなければなりません(民法648条の2)。

②引渡しが不要な場合、成果が完成した時に報酬を支払わなければなりません。

費用の前払義務

委任事務を処理するについて費用(例えば、交通費等)を要するときは、委任者は、受任者の請求があったら、その費用を前払いしなければなりません(民法649条)。

費用の償還義務

受任者が、前払いを受けていない費用について、委任事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、受任者は、委任者に対し、その「費用」及び「支出の日以後におけるその利息」の償還を請求することができます(民法650条1項)。

委任の終了

委任契約は下記事由によって終了します(民法651条、653条)。

死亡 破産手続開始決定 後見開始の審判 合意解除
委任者 終了 終了 終了しない 終了
受任者 終了 終了 終了 終了

理解学習について

行政書士試験に合格するためには、膨大な量の知識を頭に入れる必要があります。そのためには「丸暗記で勉強」しても、覚えて忘れての繰り返しで、一向に実力が上がりません。そのため、着実に実力を上げるためには、理解をしながら勉強することが重要です。

もちろんすべてを理解することは難しいですが、理解すべき部分は理解していけば、膨大な量の知識を頭に入れることが可能です。

個別指導では、理解すべき部分を理解していただくために、「具体例や理由」などを入れて、詳しく分かりやすく解説しています。

また、丸暗記でよいものは、語呂合わせを使ったりして、効率的に覚えていただけるようにしています!

令和3年の合格を目指しているのであれば、是非、個別指導で一緒に勉強をしましょう!

個別指導の概要はこちら>>

民法テキストの目次

作成中・・・

参考条文

(委任)
第643条 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。

(受任者の注意義務)
第644条 受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。

(復受任者の選任等)
第644条の2 受任者は、委任者の許諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復受任者を選任することができない。
2 代理権を付与する委任において、受任者が代理権を有する復受任者を選任したときは、復受任者は、委任者に対して、その権限の範囲内において、受任者と同一の権利を有し、義務を負う。

(受任者による報告)
第645条 受任者は、委任者の請求があるときは、いつでも委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。

(受任者による受取物の引渡し等)
第646条 受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡さなければならない。その収取した果実についても、同様とする。
2 受任者は、委任者のために自己の名で取得した権利を委任者に移転しなければならない。

(受任者の金銭の消費についての責任)
第647条 受任者は、委任者に引き渡すべき金額又はその利益のために用いるべき金額を自己のために消費したときは、その消費した日以後の利息を支払わなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。

(受任者の報酬)
第648条 受任者は、特約がなければ、委任者に対して報酬を請求することができない。
2 受任者は、報酬を受けるべき場合には、委任事務を履行した後でなければ、これを請求することができない。ただし、期間によって報酬を定めたときは、第六百二十四条第二項の規定を準用する。
3 受任者は、次に掲げる場合には、既にした履行の割合に応じて報酬を請求することができる。
一 委任者の責めに帰することができない事由によって委任事務の履行をすることができなくなったとき。
二 委任が履行の中途で終了したとき。

(成果等に対する報酬)
第648条の2 委任事務の履行により得られる成果に対して報酬を支払うことを約した場合において、その成果が引渡しを要するときは、報酬は、その成果の引渡しと同時に、支払わなければならない。
2 第六百三十四条の規定は、委任事務の履行により得られる成果に対して報酬を支払うことを約した場合について準用する。

(受任者による費用の前払請求)
第649条 委任事務を処理するについて費用を要するときは、委任者は、受任者の請求により、その前払をしなければならない。

(受任者による費用等の償還請求等)
第650条 受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、委任者に対し、その費用及び支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる。
2 受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる債務を負担したときは、委任者に対し、自己に代わってその弁済をすることを請求することができる。この場合において、その債務が弁済期にないときは、委任者に対し、相当の担保を供させることができる。
3 受任者は、委任事務を処理するため自己に過失なく損害を受けたときは、委任者に対し、その賠償を請求することができる。

(委任の解除)
第651条 委任は、各当事者がいつでもその解除をすることができる。
2 前項の規定により委任の解除をした者は、次に掲げる場合には、相手方の損害を賠償しなければならない。ただし、やむを得ない事由があったときは、この限りでない。
一 相手方に不利な時期に委任を解除したとき。
二 委任者が受任者の利益(専ら報酬を得ることによるものを除く。)をも目的とする委任を解除したとき。

(委任の解除の効力)
第652条 第六百二十条の規定は、委任について準用する。

(委任の終了事由)
第653条 委任は、次に掲げる事由によって終了する。
一 委任者又は受任者の死亡
二 委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたこと。
三 受任者が後見開始の審判を受けたこと。

(委任の終了後の処分)
第六百五十四条 委任が終了した場合において、急迫の事情があるときは、受任者又はその相続人若しくは法定代理人は、委任者又はその相続人若しくは法定代理人が委任事務を処理することができるに至るまで、必要な処分をしなければならない。

(委任の終了の対抗要件)
第655条 委任の終了事由は、これを相手方に通知したとき、又は相手方がこれを知っていたときでなければ、これをもってその相手方に対抗することができない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。