【9月10日】行政書士の過去問無料解説

予想模試は本日の24時に値上げです!

行政書士試験に合格するには、

理解できていない問題を見つけて、理解をしていく
覚えられていない問題を見つけて、覚えていく

これだけです!

解ける問題を行っても、実力は上がりません!

解けない問題(理解できていない問題・覚えられていない問題)を解けるようにするから、実力が上がるんです!

まだ、2ヶ月あるので、実力は上がります!

過去問で8割以上解けても、弊社の模試や、本試験では、合格点を取れない方は非常に多いです。

なので、今の時期に解けない問題・課題を見つけることが重要です!

試験直前に解けない問題や課題を見つけても対応する時間がないです。

今、解けない問題・課題を見つけましょう!

【問1】民法
Ⅰ・J夫婦が、K・L夫婦の子M(16歳)を養子とする旨の縁組をし、その届出が完了した場合、MとK・L夫婦との実親子関係は終了する。

 


【問2】行政法

行政手続法は、原則として聴聞の主宰者は処分庁の上級行政庁が指名する処分庁以外の職員に担当させるものとし、処分庁の職員が主宰者となること、および処分庁自身が主宰者を指名することはできない旨を規定している。

 


【問3】会社法

支配人以外の重要な使用人を選任するときは、その者の氏名を登記しなければならない。

 

【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら