行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【6月19日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
離婚に際して親権者とならず子の監護教育を行わない親には、子と面会・交流するためのいわゆる面接交渉権があり、この権利は親子という身分関係から当然に認められる自然権であるから、裁判所がこれを認めない判断をすることは憲法13条の定める幸福追求権の侵害に当たる。


【問2】行政法

代執行を行うに当たっては、原則として、同法所定の戒告および通知を行わなければならないが、これらの行為について、義務者が審査請求を行うことができる旨の規定は、同法には特に置かれていない。


【問3】商法

商行為の委任による代理権は、本人の死亡によって消滅する。