行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【12月7日】行政書士の過去問無料解説

おはようございます!
行書塾の小野です!

本日は、非申請型の義務訴訟に解説します!

基本的な内容なので、既に頭に入っているかもしれませんが
そんな場合は、復習と思って勉強してみてください!

【問1】憲法

憲法25条2項は、社会的立法および社会的施設の創造拡充により個々の国民の生活権を充実すべき国の一般的責務を、同条1項は、国が個々の国民に対しそうした生活権を実現すべき具体的義務を負っていることを、それぞれ定めたものと解される。


【問2】行政手続法

行政手続法は、申請に対する処分については、行政庁が標準処理期間を定めるよう努めるべきものとしているのに対し、不利益処分については、標準処理期間にかかわる規定を設けていない。


【問3】会社法

公開会社(指名委員会等設置会社を除く。)は、その発行する全部の株式の内容として、株主総会の決議によってその全部を会社が取得する旨の定款の定めがある株式を発行することができる。