平成29年・2017|問54|一般知識・情報通信

次の文章の[ ア ]~[ オ ]に当てはまる用語の組合せとして、妥当なものはどれか。

「クラウド」は、[ ア ]の意味である場合と、[ イ ]の意味である場合がある。ネットワークを通じて、多くの人からアイデアを募ったり、サービスを提供してもらう[ ウ ]ではクラウドは[ ア ]の意味であり、多くの人から資金を募る[ エ ]も同じく[ ア ]の意味である。これに対し、端末ではなく、ネットワーク上でアプリケーションやデータを操作する[ オ ]においては、クラウドは[ イ ]の意味で用いられている。
  1. ア:Cloud イ.Crowd ウ.クラウドソーシング エ.クラウドファンディング オ.クラウドコンピューティング
  2. ア:Crowd イ.Cloud ウ.クラウドファンディング エ.クラウドコンピューティング オ.ラウドソーシング
  3. ア:Cloud イ.Crowd ウ.クラウドコンピューティング エ.クラウドファンディング オ.クラウドソーシング
  4. ア:Cloud イ.Crowd ウ.クラウドソーシング エ.クラウドコンピューティング オ.クラウドファンディング
  5. ア:Crowd イ.Cloud ウ.クラウドソーシング エ.クラウドファンディング オ.クラウドコンピューティング

>解答と解説はこちら


【答え】:5

【解説】

「クラウド」は、[ ア:Crowd ]の意味である場合と、[ イ:Cloud ]の意味である場合がある。ネットワークを通じて、多くの人からアイデアを募ったり、サービスを提供してもらう[ ウ:クラウドソーシング ]ではクラウドは[ ア:Crowd ]の意味であり、多くの人から資金を募る[ エ:クラウドファンディング ]も同じく[ ア:Crowd ]の意味である。これに対し、端末ではなく、ネットワーク上でアプリケーションやデータを操作する[ オ:クラウドコンピューティング ]においては、クラウドは[ イ:Cloud ]の意味で用いられている。
ア.イ.ウ.エ.
「クラウド」は、[ ア ]の意味である場合と、[ イ ]の意味である場合がある。ネットワークを通じて、多くの人からアイデアを募ったり、サービスを提供してもらう[ ウ ]ではクラウドは[ ア ]の意味であり、多くの人から資金を募る[ エ ]も同じく[ ア ]の意味である。
ア・・・Crowd
ウ・・・クラウドソーシング
エ・・・ラウドファンディングクラウドは、「Cloud」と「Crowd」の二種類があります。
「Cloud」は「雲」を意味します。
「Crowd」は「群衆」を意味します。クラウドソーシングとは、不特定多数の人に業務を委託することを言います。
つまり、「群衆の中の人(クラウド)に業務委託をする(ソーシング)」ということです。アウトソーシングは、特定の人に業務委託をすることを言います。

クラウドファンディングは、不特定多数の人から、インターネットを通じて、資金を調達することを言います。
つまり、「群衆の中の人(クラウド)から資金調達をする(ファンディング)」ということです。

よって、「アには、群衆の意味の『Crowd』」が入ります。

イ.オ.
これに対し、端末ではなく、ネットワーク上でアプリケーションやデータを操作する[ オ:クラウドコンピューティング ]においては、クラウドは[ イ:Cloud ]の意味で用いられている。
イ・・・Cloud
オ・・・クラウドコンピューティングクラウドコンピューティングとは、
パソコンのソフトやデータなどを、自分のパソコンに入れて使うのではなく
インターネット上(雲の上)にあるサーバー等に入れて使うことを言います。したがって、「イには、『Cloud(雲)』」が入り、
「オには、クラウドコンピューティング」が入ります。

[SPI name=■過去問一覧上の広告枠]
[SPI name=平成29年度2017年度|行政書士試験の問題と解説]

SNSでもご購読できます。