平成25年・2013|問48|一般知識・政治

戦後日本の外交に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1. 1951年に日本は、吉田茂首相のもと、いわゆる西側諸国とポーツマス条約を締結して独立を回復した。同年に、日米間では日米安全保障条約を締結し、その後、1960年にはその改定がなされた。
  2. 1956年に日本は、鳩山一郎首相のソ連訪問において、日ソ不可侵平和条約を締結した。これを契機として、東欧諸国との国交が順次結ばれ、同年には国際連合ヘの加盟を果たした。
  3. 1965年に日本は、大韓民国との間で日韓基本条約を締結した。また、朝鮮民主主義人民共和国との間の国交は、2002年の小泉純一郎首相の平壌訪問によって回復した。
  4. 1971年に日本は、アメリカとの間で沖縄返還協定を結び、翌1972年には沖縄の復帰を実現した。但し、環太平洋戦略的防衛連携協定により、日本はアメリカ軍基地の提供を続けている。
  5. 1972年に日本は、田中角栄首相が中華人民共和国を訪問した際に、日中共同声明によって、中華人民共和国との国交を正常化した。その後、1978年に日中平和友好条約を締結した。

>解答と解説はこちら


【答え】:5【解説】

1.1951年に日本は、吉田茂首相のもと、いわゆる西側諸国とポーツマス条約を締結して独立を回復した。同年に、日米間では日米安全保障条約を締結し、その後、1960年にはその改定がなされた。
1・・・誤り
1951年に日本は、吉田茂首相のもと、「連合国諸国」と「サンフランシスコ講和条約(平和条約)」を締結しました。
また、同年(1951年)に、日米間で、日米安保条約(旧日米安保条約)を締結し、その後1960年に改定(新日米安保条約)されました。ポーツマス条約(日露講和条約)は、1905年日本とロシアが結んだ条約です。

2.1956年に日本は、鳩山一郎首相のソ連訪問において、日ソ不可侵平和条約を締結した。これを契機として、東欧諸国との国交が順次結ばれ、同年には国際連合ヘの加盟を果たした。
2・・・誤り
1956年に日本は、鳩山一郎首相のソ連訪問において、日ソ共同宣言を締結した。これを契機として、東欧諸国との国交が順次結ばれ、同年(1956年)に、日本は国際連合ヘの加盟を果たしました。日ソ不可侵条約(日ソ中立条約)は、1941年の第二次世界大戦中に日本とソ連が結んだ条約です。

3.1965年に日本は、大韓民国との間で日韓基本条約を締結した。また、朝鮮民主主義人民共和国との間の国交は、2002年の小泉純一郎首相の平壌訪問によって回復した。
3・・・誤り
1965年に日本(佐藤栄作政権)は、大韓民国との間で日韓基本条約を締結しました。一方、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との間の国交は、回復していません

4.1971年に日本は、アメリカとの間で沖縄返還協定を結び、翌1972年には沖縄の復帰を実現した。但し、環太平洋戦略的防衛連携協定により、日本はアメリカ軍基地の提供を続けている。
4・・・誤り
1971年に日本は、アメリカとの間で沖縄返還協定を結び、翌1972年には沖縄の復帰を実現した。但し、「日米安全保障条約」により、日本はアメリカ軍基地の提供を続けています。本肢は、「環太平洋戦略的防衛連携協定」が誤りです。
環太平洋戦略的防衛連携協定というものはありません。

5.1972年に日本は、田中角栄首相が中華人民共和国を訪問した際に、日中共同声明によって、中華人民共和国との国交を正常化した。その後、1978年に日中平和友好条約を締結した。
5・・・正しい
1972年に日本は、田中角栄首相が中華人民共和国を訪問した際に、日中共同声明によって、中華人民共和国との国交を正常化した。その後、1978年日中平和友好条約を締結しました。

[SPI name=■過去問一覧上の広告枠]
[SPI name=平成25年度2013年度|行政書士試験の問題と解説]

SNSでもご購読できます。