行政法77【記述対策】

【問】
口頭で審査請求がなされた場合における、陳述を受けた行政庁の義務について40字程度で記述しなさい。

>解答と解説はこちら

【問】
口頭で審査請求がなされた場合における、陳述を受けた行政庁の義務について40字程度で記述しなさい。

【解答例】

陳述の内容を録取し、これを陳述人に読み聞かせて誤りのないことを確認しなければならない。(43字)

【使うルール】

口頭で審査請求をする場合には、一定事項を陳述しなければならない。この場合において、陳述を受けた行政庁は、その陳述の内容を録取し、これを陳述人に読み聞かせて誤りのないことを確認しなければならない(行政不服審査法20条:口頭による審査請求)

陳述を受けた行政庁の義務とは、上記20条の内容です。

陳述を受けた行政庁は、その陳述の内容を録取し、これを陳述人に読み聞かせて誤りのないことを確認しなければならない。」という内容をまとめればよいです。

陳述の内容を録取し、これを陳述人に読み聞かせて誤りのないことを確認しなければならない。(43字)

【配点】

陳述の内容を録取(7点)・・・「陳述内容」でもよい。「録取」とは「記録すること」なので「記録」でもよい
陳述人に読み聞かせて(7点)
誤りのないことを確認しなければならない(6点)

>>次の問題へ

令和5年の行政書士の通信講座。勉強しても理解できない方、勉強しても合格できない方、勉強の仕方が分からない方、自分自身で計画管理ができない方は、行書塾の通信講座をご利用ください!通信講座の詳細はこちら