民法26【記述対策】

【問】
債権者が主たる債務者に対して履行の請求を行った場合、履行請求の効果は、保証人に対しても生ずるか。また、具体的にどのような効果か。「主たる債務者に対する履行の請求の効果は、」に続けて、40字程度で記述しなさい。なお「主たる債務者に対する履行の請求の効果は、」は文字数に算入しないものとする。

>解答と解説はこちら

【問】
債権者が主たる債務者に対して履行の請求を行った場合、履行請求の効果は、保証人に対しても生ずるか。また、具体的にどのような効果か。「主たる債務者に対する履行の請求の効果は、」に続けて、40字程度で記述しなさい。なお「主たる債務者に対する履行の請求の効果は、」は文字数に算入しないものとする。

【解答例】

(主たる債務者に対する履行の請求の効果は、)
保証人に対しても生ずるため、保証人の対しても、時効の完成猶予及び更新の効果が生じる(41字)

【使うルール】

主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による時効の完成猶予及び更新は、保証人に対しても、その効力を生ずる(民法457条:主たる債務者について生じた事由の効力)。

【質問内容】

質問内容は、下記2つです。

①債権者が主たる債務者に対して履行の請求を行った場合、履行請求の効果は、保証人に対しても生ずるか。

主たる債務者に生じた事由の効果は、すべて保証人に対して、効果が生じます

②具体的にどのような効果か。

履行請求の効果は、「時効の完成猶予」と「時効の更新」の2つです。

これらをまとめると

(主たる債務者に対する履行の請求の効果は、)
保証人に対しても生ずるため、保証人の対しても、時効の完成猶予及び更新の効果が生じる(41字)

【配点】

保証人に対しても生ずる(8点)
時効の完成猶予(7点)
(時効の)更新(7点)

>>次の問題へ