2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【9月18日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
土地の仮装譲渡において、仮装譲受人が同地上に建物を建設してその建物を他に賃貸した場合、建物賃借人において土地譲渡が虚偽表示によるものであることについて善意であるときは、土地の仮装譲渡人はその建物賃借人に対して、土地譲渡の無効を理由として建物からの退去および土地の明渡しを求めることができない。


【問2】行政法

不作為についての審査請求の審査請求期間は、申請がなされてから「相当の期間」が経過した時点から起算される。


【問3】会社法

発起人または設立時募集株式の引受人が払い込む金銭の額および給付する財産の額の合計が、定款に定められた設立に際して出資される財産の価額またはその最低額に満たない場合には、発起人および設立時取締役は、連帯して、その不足額を払い込む義務を負う。

8月から逆転合格:模試ad