2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【9月16日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
養子縁組につき、当事者の一方において真に養親子関係の設定を欲する意思がない場合であっても、相手方がその真意につき善意、無過失であり、縁組の届出手続が行われたときは、その養子縁組は有効である。


【問2】行政法

不作為についての審査請求は、当該処分についての申請をした者だけではなく、当該処分がなされることにつき法律上の利益を有する者がなすことができる。


【問3】会社法

発起人は、会社の成立後は、錯誤、詐欺または強迫を理由として設立時発行株式の引受けの取消しをすることができない。

8月から逆転合格:模試ad