行政書士通信講座:短期講座の概要はこちら.gif
上記短期講座の値上げまで あと

【9月11日】行政書士の過去問無料解説

試験まであと2か月 配点が60点もある記述問題は、対策は十分でしょうか? 記述問題は「40字程度」にまとめることができる内容でないと問題にできません。 そのため、出題される問題も限られてきます。 そのため、試験に出題されそうな記述問題を100問まとめました! ↓

【問1】民法 家庭裁判所が後見開始の審判をするときには、成年被後見人に成年後見人を付するとともに、成年後見人の事務を監督する成年後見監督人を選任しなければならない。

 

【問2】行政法

行政手続法の行政指導に関する規定は、地方公共団体の機関がする行政指導については、それが国の法令の執行に関わるものであっても適用されず、国の機関がする行政指導のみに適用される。  

【問3】会社法

補欠取締役を選任するときは、その者の氏名は登記しなければならない。  
短期講座:理解ポイントを凝縮ad
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら