予想模試の値上げまで あと

【8月9日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!
行書塾の小野です!

予想模試の値上げまで「あと1日」です!

■お盆に時間があるのであれば、このお休みを使って模試を行いましょう!

そして、やるからには実力をつけていただきたいです!

市販の模試もありますが、やはり、解説が薄くて自分で調べないと実力が付かないので
時間効率が悪いです!

予想模試の目的は

  • 5択問題に慣れる
  • 解けない問題を見つける
  • さらなる実力アップを図る

この3つなのですが、これらすべて満たすように弊社は模試を作成しております

そのため、解説は細かく、「関連ポイント」や「考え方」「答えの導き方」まで記載しているので、調べることも少ないです!

また、ご質問いただければ解説いたしますので、
実力を上げたい!
というのであれば、ぜひ、弊社の模試をお試しいただければ幸いです!

まずは自分の実力を知って、残り2ヶ月半、どのように勉強していくかを考えていきましょう!

 

【問1】民法
Aが所有する甲土地につき、Aの長男BがAに無断で同人の代理人と称してCに売却した。
Aが本件売買契約につき追認を拒絶した後に死亡してBが単独相続した場合、Bは本件売買契約の追認を拒絶することができないため、本件売買契約は有効となる。

 


【問2】行政法

行政手続法は、不利益処分をする場合にはその名宛人に対し同時に当該不利益処分の理由を示さなければならないと定める一方、「当該理由を示さないで処分をすべき差し迫った必要がある場合はこの限りでない。」としている。

 


【問3】会社法

設立時募集株式の引受人がその引き受けた設立時募集株式に係る出資を履行していない場合には、株主は、訴えの方法により当該株式会社の設立の取消しを請求することができる。

 

【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら