行政書士通信講座:短期講座の概要はこちら.gif
上記短期講座の値上げまで あと

【8月5日】行政書士の過去問無料解説

4日前から予想模試を発売開始しました! 現状の実力を確認して、残り2か月の勉強の方針を決めましょう! 現状の実力が分からない状況で勉強を続けても 目標なく進むのと同じです! 現状を知り、ゴールを知ることでこれからやるべきことが分かります! 早めに今の現状の実力を知り、試験までの2か月を有効に使っていきましょう! 予想模試はこちらhttps://gyosyo.info/lp/lpm/

【問1】民法 AのBに対する甲債権につき消滅時効が完成した場合について、 Aが甲債権の担保としてB所有の不動産に抵当権を有している場合、Aの後順位抵当権者Fは、Aの抵当権の被担保債権の消滅により直接利益を受ける者に該当しないため、甲債権につき消滅時効を援用することができない。

 

【問2】行政法

行政庁が、不利益処分をするかどうか、またはどのような不利益処分をするかについて、その法令の定めに従って判断するために必要とされる処分基準を定めるに当たっては、意見公募手続を実施する必要はない。  

【問3】会社法

株式会社は、配当財産として、金銭以外に当該株式会社の株式、社債または新株予約権を株主に交付することはできない。  
短期講座:理解ポイントを凝縮ad
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら