行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【8月4日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!
行書塾の小野です!

今年は、8月7日から15日までお盆休みの方もいると思います!

長期間の休みなので、ここで、模試を行って、実力確認と実力アップを図りましょう!

弊社の模試は、「理解すべきポイント」や「関連ポイント」も解説に記載しているので
理解学習」を実践できます!

また、「ポイントの整理」もできるので、混乱した部分を整理できます!
これができるようになると、ひっかけ問題に対応できるようになります!

ぜひ、ご活用ください!

今、弱点を確認できれば、残りの期間で対策もできます!

試験前に弱点が分かっても、対応できないので
早めに弱点確認と克服をしておきましょう!

https://gyosyo.info/lp/lpm/

【問1】民法
AのBに対する甲債権につき消滅時効が完成した場合について、
Bの詐害行為によってB所有の不動産を取得したEは、甲債権が消滅すればAによる詐害行為取消権の行使を免れる地位にあるが、このような利益は反射的なものにすぎないため、甲債権につき消滅時効を援用することができない。

 


【問2】行政法

命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合において、委員会等の議を経て命令等を定める場合であって、当該委員会等が意見公募手続に準じた手続を実施したときには、改めて意見公募手続を実施する必要はない。

 


【問3】会社法

株式会社は、当該株式会社の株主および当該株式会社に対し、剰余金の配当をすることができる。