【8月31日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!
行書塾の小野です!

予想模試の現在の割引価格は本日までです!

明日値上げとなります!

15日あれば復習まで行えます!
24日あれば「2回」復習できます!

今からでも実力を上げることはできます!
今年絶対合格しましょう!

【問1】民法
詐害行為取消権の立証責任に関しては、債務者の悪意と同様に、受益者および転得者側の悪意についても債権者側にある。

 


【問2】行政法

形式上の要件に適合する届出については、提出先とされる機関の事務所に届出書が到達したときに届出の義務が履行されたものとする。

 


【問3】会社法

公開会社(指名委員会等設置会社を除く。)は、その発行する全部の株式の内容として、株主総会の決議によってその全部を会社が取得する旨の定款の定めがある株式を発行することができる。

 

【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(苗字のみ)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら