2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【8月30日】行政書士の過去問無料解説

行書塾の小野です!

予想模試の値上げまであと1日です!

今から模試を行うのは遅くないですか?
というご質問を最近受けております。

模試は3回分ありますが、
復習を入れても1回分あたり6日で行えますので
3回分については18日で行えます!

1回分あたり3日で再復習をしても、3回分の再復習で+9日で終わらせることができます!

つまり、2回復習するにしても「27日」で行えます!

この27日で理解学習を実践して、実力を上げることができるので
最後まで諦めずに頑張っていきましょう!

【問1】民法
甲不動産がAからB、AからCに二重に譲渡され、Cが先に登記を備えた場合には、AからCへの甲不動産の譲渡によりAが無資力になったときでも、Bは、AからCへの譲渡を詐害行為として取り消すことはできない。

 


【問2】行政法

申請により求められた許認可等を拒否する処分は、不利益処分ではなく、「申請に対する処分」に該当する。

 


【問3】会社法

設立時発行株式の株主となる者が払込みをした金銭の額および給付した財産の額は、その全額を資本金として計上しなければならないが、設立時発行株式の株主となる者の全員の同意があるときに限り、その額の2分の1を超えない額を剰余金として計上することができる。