2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【8月3日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
AのBに対する甲債権につき消滅時効が完成した場合について、
甲債権のために保証人となったDは、甲債権が消滅すればAに対して負っている債務を免れる地位にあるため、甲債権につき消滅時効を援用することができる。


【問2】行政法

命令等制定機関は、意見公募手続を実施して命令等を定めるに当たり、意見提出期間内に当該命令等制定機関に対して提出された当該命令等の案についての意見について、整理または要約することなく、そのまま命令制定後に公示しなければならない。


【問3】会社法

株式会社より分配可能額を超える金銭の交付を受けた株主がその事実につき善意である場合には、当該株主は、当該株式会社に対し、交付を受けた金銭を支払う義務を負わない。

8月から逆転合格:模試ad