2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【8月27日】行政書士の過去問無料解説

「勉強とは自分の無知を徐々に発見していくこと」

これはアメリカの哲学者の言葉です!

この時期になって、模試で150点以下だと諦めたくなってきますよね。

でも、違う視点に立ってみれば、
「解けない問題を発見できた」
という見方もできます!

さらに、この解けない問題を解けるように復習すれば、
その分実力も上がるわけですよね!?

つまり、

①解けない問題を発見する

②解けない問題を解けるように復習する

この①②が「勉強」です!

弊社の個別指導の受講者様の中でも
この時期に点数が上がらない方はいました。

そして、気持ちも折れて勉強が手に付かなくなっていました。

しかし、メールのやり取りをする中で
気持ちを持ち直して、最後の試験の前日まで勉強を続け
合格していただきました!

最後まで諦めずに頑張っていきましょう!

【問1】民法
債権者は、債権の弁済期前であっても、債務者の未登記の権利について登記の申請をすることについて、裁判所の許可を得た場合に限って、代位行使することができる。


【問2】行政法

行政庁は、申請の形式上の要件に適合しない申請については、補正を求めなければならず、ただちにこれを拒否してはならない。


【問3】会社法

発起人は、設立時発行株式の引受け後遅滞なく、その引き受けた株式につき、その出資に係る金銭の全額を払い込み、またはその出資に係る金銭以外の財産の全部を給付しなければならないが、発起人全員の同意があるときは、登記、登録その他の権利の設定または移転を第三者に対抗するために必要な行為は、株式会社の成立後にすることができる。