2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【8月18日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
不動産工事の先取特権は、工事によって生じた不動産の価格の増加が現存する場合に限り、その増価額についてのみ存在する。


【問2】行政法

不利益処分の名あて人となるべき者は、弁明の機会の付与の通知を受けた場合、口頭による意見陳述のために、弁明の機会の付与に代えて聴聞を実施することを求めることができる。


【問3】会社法

監査等委員会設置会社において、監査等委員会が選定する監査等委員は、株主総会において、監査等委員以外の取締役の報酬等について、監査等委員会の意見を述べることができる。

8月から逆転合格:模試ad