行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【8月16日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
A、BおよびCが甲土地を共有し、甲土地上には乙建物が存在している。
A、BおよびCが乙建物を共有する場合において、Aが死亡して相続人が存在しないときは、Aの甲土地および乙建物の持分は、BおよびCに帰属する。


【問2】行政法

行政庁は、不利益処分の決定をするときは、調書の内容および報告書に記載された聴聞の主宰者の意見を十分に参酌してこれをしなければならない。


【問3】会社法

取締役の報酬等は、当該株式会社の分配可能額の中から剰余金の処分として支給され、分配可能額がない場合には、報酬等を支給することはできない。