行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【7月9日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です!

理解学習を実践できる個別指導の値上げまであと1日です!

個別指導では、理解ながら学習を進めるので、短期間で実力を上げることができます!

まだ、今年の合格も目指せるので、一緒に頑張っていきましょう!

【問1】民法
Aは、甲不動産をその占有者Bから購入し引渡しを受けていたが、実は甲不動産はC所有の不動産であった。
Bが悪意で18年間、Aが善意無過失で2年間占有した場合、
Aは、甲不動産を時効取得できない。


【問2】行政法

執行罰は、行政上の義務の履行確保のために科されるものであるが、行政機関の申立てにより、非訟事件手続法の定める手続に従って、裁判所の決定によって科される。


【問3】商法

商人が支配人を選任したときは、その登記をしなければならず、この登記の完了により支配人も商人資格を取得する。