行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【7月8日】行政書士の過去問無料解説

間違えたことで不安になることはありません!

間違えた問題について、なぜ解けなかったのか理解すれば、それは実力となり、合格へと一歩近づきます!

だから、間違いは、合格のための原石です!

1問でも多く、「理解」していきましょう!

上記短期集中実力アップ講座は、あと2日値上げなので、今年合格できるか不安な方はぜひ、最後の実力アップ手段としてご利用ください!

まだ、今年合格できます!

【問1】民法
Aは、甲不動産をその占有者Bから購入し引渡しを受けていたが、実は甲不動産はC所有の不動産であった。
Bが悪意で5年間、Aが善意無過失で10年間占有した場合、
Aは、甲不動産を時効取得できない。


【問2】行政法

執行罰とは、行政上の義務の不履行について、罰金を科すことにより、義務の履行を促す制度であり、行政上の強制執行の一類型とされる。


【問3】商法

場屋の営業主が寄託を受けた物品が高価品であるときは、客がその種類および価額を通知してこれを場屋の営業主に寄託したのでなければ、場屋の営業主はその物品に生じた損害を賠償する責任を負わない。