令和6年度の行政書士試験の合格を目指す。理解学習が実践できる個別指導はこちら

【7月30日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です! 今年の合格を目指す 短期集中実力アップ講座募集終了まで「あと1日」です! 理解ができれば合格できます! 過去問やテキスト丸暗記では合格はできません・・・ 理解学習をするから合格できるんです! 短期集中実力アップ講座では、この理解学習を実践していただけます! 1年に1回の試験なので、悔いのないようできる限りのことをしていきましょう!
短期集中実力アップ講座のお申し込みはこちら

【問1】民法 公正証書によって遺言をするには、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授しなければならないが、遺言者が障害等により口頭で述べることができない場合には、公証人の質問に対してうなずくこと、または首を左右に振ること等の動作で口授があったものとみなす。

 

【問2】行政法

同一の行政目的を実現するために複数の者に対し行政指導をする場合、行政機関はあらかじめ当該行政指導の共通する内容を定め、行政上特別の支障がない限りそれを公表しなければならない。  

【問3】会社法

株式会社が特別取締役を選定する場合には、当該株式会社は、特別取締役による議決の定めがある旨、選定された特別取締役の氏名および当該株式会社の取締役のうち社外取締役であるものについては社外取締役である旨を登記しなければならない。  
まだ、勉強時間を無駄にしますか?行書塾の個別指導はこちら
【勉強の仕方等、お気軽にご相談ください!】
  • メールアドレス
  • お名前(姓・名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • 郵便番号
  • 例:123-4567
  • 住所(都道府県)
  • 住所(市町村以下)
  • ご相談はこちら