行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【7月28日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
15歳に達した者は、遺言をすることができるが、遺言の証人または立会人となることはできない。


【問2】行政法

不利益処分を行う権限を有する行政機関は、法令違反を理由として不利益処分を行おうとする場合、その相手方に対し、緊急を要する場合を除き、あらかじめ行政指導を用いて法令違反行為の是正を求めなければならない。


【問3】会社法

監査等委員会設置会社においては、監査等委員である取締役の過半数は、社外取締役でなければならない。