行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【7月12日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
Aは、甲不動産をその占有者Bから購入し引渡しを受けていたが、実は甲不動産はC所有の不動産であった。
Bが善意無過失で3年間その後悪意となり2年間、Aが善意無過失で3年間その後悪意となり3年間占有した場合、
Aは、甲不動産を時効取得できない。


【問2】行政法

執行罰は、多くの法令において、各種の届出義務などの軽微な手続上の義務への違反に科されることとされている。


【問3】商法

支配人は、商人に代わり営業上の権限を有する者として登記されるから、当該商人の許可を得たとしても、他の商人の使用人となることはできない。