行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【7月11日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
Aは、甲不動産をその占有者Bから購入し引渡しを受けていたが、実は甲不動産はC所有の不動産であった。
Bが善意無過失で7年間、Aが悪意で3年間占有した場合、
Aは、甲不動産を時効取得できない。


【問2】行政法

執行罰については、それを認める一般法は存在せず、これを認める個別の法令の定めが必要であるが、行政代執行法は、執行罰の規定を条例で定めることも明文で許容している。


【問3】商法

支配人の代理権の範囲は画一的に法定されているため、商人が支配人の代理権に加えた制限は、悪意の第三者に対しても対抗することができない。