行政書士の通信講座はこちら:令和4年
上記「個別指導の最安値終了」まで あと

【7月10日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です!

今年の合格を目指す短期集中実力アップ講座の値上げまであと「数時間」です!

短期集中実力アップ講座では、具体例を入れながら、勉強を進めていくので、短期間で実力を上げることができます!

4月より前から勉強している方であれば、合格できる確率も高くなります。

合格目指して頑張っていきましょう!

>>短期集中実力アップ講座はこちら

【問1】民法
Aは、甲不動産をその占有者Bから購入し引渡しを受けていたが、実は甲不動産はC所有の不動産であった。
Bが悪意で5年間、Aが善意無過失で5年間占有した場合、
Aは、甲不動産を時効取得できない。


【問2】行政法

執行罰は、刑罰ではないため、二重処罰の禁止の原則の適用はなく、同一の義務の不履行について、これを複数回にわたり科すことも認められる。


【問3】商法

支配人は、商人の営業所の営業の主任者として選任された者であり、他の使用人を選任し、または解任する権限を有する。