2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【7月1日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは!行書塾の小野です!

今日から7月ですね!

試験まで5か月を切っているので、 ラストスパートをかけていきましょう!

分かっていない部分を明確にして、 分かるようにしていくのが「勉強」です。

まずは、分かっていない部分を明確にすることから 始めましょう!

例えば、アプリで勉強している方

解けなかった問題にぶつかった時に、その問題を再度復習するための仕組みを作っていますか?

復習しないと「頭に定着」しません。

そのために、解けなかった問題は、メモ帳のアプリなどでURLをまとめておいて、再度復習するようにしましょう!

【問1】民法
自然人Aが団体Bに所属している。
Bが組合であり、Aが組合の業務を執行する組合員である場合は、Aは、組合財産から当然に報酬を得ることができる。


【問2】行政法

行政処分が職権により取り消された場合、取消しの対象となった処分の効力は消滅するので、これを争う相手方は、当該処分の有効確認の訴えを提起しなければならない。


【問3】商法

公法人が行う商行為については、法令に別段の定めがある場合を除き、商法の定めるところによる。

8月から逆転合格:模試ad