2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【6月27日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
後見人の配偶者、直系血族および兄弟姉妹は、後見監督人となることができない。


【問2】行政法

公営住宅を使用する権利は、入居者本人にのみ認められた一身専属の権利であるが、住宅に困窮する低額所得者に対して低廉な家賃で住宅を賃貸することにより、国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与するという公営住宅法の目的にかんがみ、入居者が死亡した場合、その同居の相続人がその使用権を当然に承継することが認められる。


【問3】商法

商法は一定の行為を掲げて商行為を明らかにしているが、これらの行為は全て営業としてするときに限り商行為となる。

8月から逆転合格:模試ad