行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【6月25日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
成年後見は、精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者について、家庭裁判所の審判によって開始する。


【問2】行政法

租税滞納処分は、国家が公権力を発動して財産所有者の意思いかんにかかわらず一方的に処分の効果を発生させる行為であるという点で、自作農創設特別措置法(当時)所定の農地買収処分に類似するものであるから、物権変動の対抗要件に関する民法の規定の適用はない。


【問3】商法

店舗によって物品を販売することを業とする者は、商行為を行うことを業としない者であっても、商人とみなされる。