行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【6月20日】行政書士の過去問無料解説

【問1】民法
父母が協議上の離婚をする場合に、その協議でその一方を親権者として定めなかったにもかかわらず、誤って離婚届が受理されたときであっても、当該離婚は有効に成立する。


【問2】行政法

行政上の義務の履行確保に関しては、同法の定めるところによるとした上で、代執行の対象とならない義務の履行確保については、執行罰、直接強制、その他民事執行の例により相当な手段をとることができる旨の規定が置かれている。


【問3】商法

商人がその営業の範囲内において他人のために行為をしたときは、相当な報酬を請求することができる。