行政書士の通信講座はこちら:令和4年

【5月31日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です!

理解学習を実践できる個別指導値上げまであと「数時間」です!

今日の夜中の0時を過ぎると(6月に入ると)値上げとなります。

個別指導では、理解ながら学習を進めるので、短期間で実力を上げることができます!

まだ、今年の合格も目指せるので、一緒に頑張っていきましょう!

【問1】民法
Aが登記簿上の所有名義人である甲土地をBが買い受ける旨の契約をA・B間で締結した。
甲土地が相続によりAおよびEの共有に属していたところ、AがEに無断でAの単独所有名義の登記をしてBとの間で本件売買契約を締結し、Bが所有権移転登記をした場合において、Bがその事情を知らず、かつ、過失がないときは、Bは甲土地の全部について所有権を取得する。


【問2】国家賠償法

都市計画事業のために土地が収用される場合、被収用地に都市計画決定による建築制限が課されていても、被収用者に対して土地収用法によって補償すべき相当な価格とは、被収用地が、建築制限を受けていないとすれば、裁決時において有するであろうと認められる価格をいう。


【問3】会社法

発起人または設立時募集株式の引受人が払い込む金銭の額および給付する財産の額の合計が、定款に定められた設立に際して出資される財産の価額またはその最低額に満たない場合には、発起人および設立時取締役は、連帯して、その不足額を払い込む義務を負う。