2021年・令和3年度の行政書士の予想模試はこちら
予想模試の値上げまで あと

【5月30日】行政書士の過去問無料解説

こんにちは! 行書塾の小野です!

理解学習を実践できる個別指導の値上げまであと1日です!

個別指導では、理解ながら学習を進めるので、短期間で実力を上げることができます!

まだ、今年の合格も目指せるので、一緒に頑張っていきましょう!

【問1】民法
Aが登記簿上の所有名義人である甲土地をBが買い受ける旨の契約をA・B間で締結した。
甲土地はAの所有に属していたところ、Aの父であるDが、Aに無断でAの代理人と称して本件売買契約を締結し、その後Dが死亡してAがDを単独で相続したときは、Aは、Dの法律行為の追認を拒絶することができ、また、損害賠償の責任を免れる。


【問2】国家賠償法

都市計画法上の用途地域の指定について、土地の利用規制を受けることとなった者は、当該都市計画を定める地方公共団体に対して、通常生ずべき損害の補償を求めることができる旨が同法に規定されているため、利用規制を受けたことによって被った損失の補償を求めることができる。


【問3】会社法

設立時発行株式を引き受けた発起人が出資の履行をしない場合には、当該発起人は当然に設立時発行株式の株主となる権利を失う。

8月から逆転合格:模試ad